本文へスキップ

図書館司書資格の通信

図書館司書資格を取得できるおすすめ通信

トップページ図書館司書の資格Q&A > 図書館司書になるには

図書館司書になるには


図書館司書になるにはどうしたらいいのでしょうか?

図書館司書の国家資格の取得方法について調べました。


図書館司書になるには?

図書館司書の国家資格を取る

図書館で働く司書

図書館司書になるには、まず図書館司書の国家資格を取りましょう。図書館司書の資格は、大学で単位を履修することで取得できます。国家試験はありません。

  • 大学(短大を含む)で、司書資格取得に必要な科目を履修し卒業を待って資格取得(正科生)。
  • 大学(短大を含む)又は高等専門学校卒業生が、司書講習を修了し資格取得。(科目履修生)
  • 3年以上司書補としての勤務経験者が司書講習を修了し資格取得。

社会人は、『司書講習(通学)』もしくは『大学(通信教育)』のどちらかで取得される方がほとんどです。

最終学歴によって最短の取得方法が異なります。学歴別『最短』図書館司書資格の取り方


最短期間

図書館で働く方法を調べている人

通信制大学(科目履修生)は、最短半年〜2年で図書館司書の資格を取得できます。

通信制大学(正科生)は、1年生に入学すれば最短4年。3年生に編入すれば最短2年になります。


図書館司書とは?

夢は司書になること

本に関する情報整理の専門家

図書館司書の仕事内容は、公共図書館の専門職員として本や資料の収集・分類整理、蔵書の貸し出し、読書指導などを行うことです。

毎日本に囲まれて、お仕事できるので、本が大好きな人に向いているお仕事です。

図書館の利用者の相談に乗って、本をすすめたり、探したりする仕事も楽しいです。

その結果、利用者に「ありがとう」と言ってもらえたり、少ない手がかりから苦労して目当ての本を見つけることができたりしたとき、すっごいやりがいを感じることができます。

*学校の図書館で働くためには教員普通免許を取得し、司書教諭の講習を修了して、司書教諭になることが必要となります。


おもな仕事内容

  • 図書館資料の選択、発注及び受け入れ
  • 受け入れ図書館資料の分類及び蔵書目録の作成
  • 目録からの検索、図書館資料の貸出及び返却
  • 図書館資料についてのレファレンスサービス、読書案内
  • 読書活動推進のための各種主催事業の企画、立案と実施
  • 自動車文庫による巡回等の館外奉仕活動の展開など

図書館司書の職場

市町村が運営する公立図書館では、

図書館司書の有資格者を対象に図書館職員の採用試験を行う場合

その他の職種と一緒に地方公務員試験を受けて、結果として図書館に配属される場合

採用方法はいろいろあります。

図書館にいくと、アルバイト・パートの募集の張り紙ををよくみかけますよね。

でも、できれば正規雇用されたいです。収入や安定がぜんぜん違いますから。

求人数は少ないですが、企業の資料室で働く司書もいます。


図書館司書に向いている人

  • 整理整頓が得意な人
  • 興味のない本のジャンルに関しても積極的に情報収集できる人
  • 小さい子向けのイベントもあるので子供好きな人

司書教諭

たくさんの書籍を整理整頓する司書

よく似た名前の資格に『司書教諭』というのがあります。司書教諭は、学校図書館で働くための資格です。

司書教諭になるには、まず教諭普通免許状、つまり学校の先生の免許がないと、資格を取得することができません。


司書・司書補の講習

本に乗って雲を歩く

資格名:
司書・司書補
受講資格:
司書:大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得しているか又は高等専門学校を卒業していること/2年以上司書補(国立国会図書館又は大学若しくは高等専門学校の附属図書館の職員で司書補に相当するものも含む)として勤務した経験がある者  
司書補:高等学校若しくは中等教育学校を卒業したもの又は高等専門学校第三学年を修了した者
受講内容:
司書 必須科目:
生涯学習概論/図書館概論/図書館経営論/図書館サービス論/情報サービス概説/レファレンスサービス演習/情報検索演習/図書館資料論/専門資料論/資料組織概説/資料組織演習/児童サービス論
選択科目:図書及び図書館史/資料特論/コミュニケーション論/情報機器論/図書館特論 
司書補 :
図書館基礎、資料整理等の必修科目を、11科目15単位以上修得
受講時期:
毎年7月、9月、全国14大学程度で集中講習が実施される
通信制大学では4月・10月スタートします、最短半年
問合せ先:
文部科学省生涯学習政策局社会教育課指導研修係
100-8959東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL03-5253-4111(内)2974 FAX03-6734-3718

科目について

図書館概論 : 図書館について基本的な情報を学ぶことで、現代社会における図書館の意義、問題点等について分析。

情報資源組織論 : 図書館が利用者に情報提供サービスを行う基盤となる情報資源組織法の意義・目的・方法を理解する。


図書館司書のことがよくわかる動画

動画の解説のほうがわかりやすいよね。