本文へスキップ

図書館司書資格の通信

図書館司書資格を取得できるおすすめ通信

トップページ > 大学通信教育Q&A

大学通信教育Q&A


大学通信教育に関する数々の疑問を解明していきます!

大学全入時代になりました、大学卒の学歴が、ごく当たり前になった時代です。社会人が働きながら学べる大学通信教育が注目されています。

大学通信教育はどこも同じ?と思ったらそんなことは決してありません!

このページでは、通信制大学に関する疑問のお答えや、大学選びで注意すべき点をご紹介します。


大学通信教育Q&A

図書館の書籍

大学通信教育を卒業すると大卒になるの?

当サイトに掲載している大学は、すべて正規の大学です。なので、卒業すれば大卒になります。履歴書にも『大卒』と書くことができます。


入学試験なしで入学できるって本当?

大学通信教育には入学試験はありません。各大学の募集要項に書いてある入学条件さえ満たしていれば誰でも入学できます。

具体的には、高卒以上であれば入学できます。大学中退、短大卒であれば、編入学することもできます。


科目履修生とは?

科目履修生とは、目的に応じて、必要な科目だけを履修することができる学生です。

正科生とは違い、大学卒業を目的にしていません。


図書館司書は科目履修生で取得できる?

大学によって違っています。

科目履修生で司書の資格を取得することができる大学通信教育もあります。

大卒資格の学歴がほしい方は、正科生として入学することをオススメします。

大学通信教育なのに通学しないと図書館司書の資格は取れないの?

図書館司書の資格を取るためには、通学して授業をうけて単位をとる必要があります。

*スクーリングといいます。

スクーリングは大学キャンパスのほかに、地方でも開催している大学もあります。

自分が履修したい科目が、どこの会場で開催されるか、事前に要チェックです!

ただし、eラーニングをおこなっている大学ですと、通学のかわりに、インターネット授業をうけることで、通学単位を取得できます。

自宅から通える範囲に、スクーリング会場がない場合は、eラーニングをうまく活用してください。


スクーリング以外に通学することはあるの?

科目終了試験は通学します。

*科目修了試験とは高校でいうところの定期試験・期末試験のことです。

大学通信教育は各自自宅で、テキストを読んで学習します。

学習したらレポートを書いたり、課題を提出します。レポート・課題が合格したら、科目終了試験を受けます。

科目終了試験に合格したら、単位を取ることができます。

この繰り返しで、必要な単位を取得していきます。

科目終了試験は、試験会場までいって受けることになります。

ごく一部のeラーニングが充実している大学では、科目終了試験もインターネットで受験できるので、通学しなくても卒業することができます。


科目試験会場はどこ?

大学によってぜんぜんちがいます。

大学キャンパスを中心に地方でも試験会場を設けている大学もあります。

試験会場は、自宅から近いほうがいいですよ。通いやすいですし、交通費もかかりませんので。


e-ラーニングはどこの大学でもおこなっているの?

今はまだ、少数の大学のみです。

年々、eラーニング(インターネット授業)できる大学が増えつつあります。もっと便利になるといいですよね。

eラーニングを実施している大学通信教育学部:近畿大学八洲学園大学


博物館学芸員の資格を持っています。司書資格を取得したい場合は、科目が軽減されますか?

はい。科目が軽減されます。 学芸員資格を取得済みの方が司書資格取得を 目指す場合、図書館法施行規則で定める科目 のうち、「生涯学習概論」は修得済みとみな されます。
八洲学園大学の場合)