⇒イチバン人気の通信はこちら!

図書館司書に向いている人とは?どんなタイプなのか考えてみた。

図書館司書に向いている人とは?について考えてみました。

まず本が好き・活字が好きである事が、図書館司書に向いている人の大前提となります。

図書館司書として働く人が、最も来館者から投げかけられる質問は、

『どんな本がお勧めですか・面白いですか』

といった内容のものです。

これに答える事は業務の一環であり、その為には司書自身も多くの本を読んでいる事が不可欠だからです。

ただし、本が好きでも傾向に偏りがあるようでは、前述の質問にも、充分に的を射た回答をする事が出来ません。

つまり、本全般が好きである必要があるのです。

学費の安い司書通信講座はどこ?全部比較しました!

後述する整理・修繕・配架といった業務で大量の本を扱う事にもなるという側面でも、この点は必要不可欠な要素となります。

また前述の質問を含めてより専門的にもなり得るレファレンスサービスに加え、更には広報活動といった業務も求められる事もあります。

それを円滑に進める上では、コミュニケーション能力が欠かせず、人との会話・対話を好む性格である事も必要な要素となります。

そして、本の整理・修繕・配架といった業務においては、その数が膨大に成りがちである事から、根気強さが求められます。

資格取得に向けた専門の単位取得が求められる点と合わせて、コツコツと計画立てた行動を取れる事も、必要な要素となります。

これらの要素を合わせ持った人が、図書館司書に向いている人であると言う事が出来ます。

ただ、本が好き!というだけでは勤まらないお仕事なのです。